本文へ移動

福島病院活動報告

RSS(別ウィンドウで開きます) 

気を引き締めて交通安全

2020-02-24
2月20日、 交通安全週間の一環として、早朝より、三重トキハインダストリー前のロータリー交差点において、街頭の交通安全呼びかけ活動を行いました。三重町内のいろんな業種・事業所で持ち回りをしており、年に2~3回順番が回ってくるものではありますが、これで事故の予防・交通安全意識の向上が図れるのならばよい行動と思います。
警察の方も他事業所の方も立ち会い、挨拶の声かけ通安全の旗などの提示も行います。
今日も明日も皆さん、安全運転を心がけましょう
(文:福島病院広報委員会 佐保)

令和元年11~12月通リハだより

2020-02-06
11月12日にはふるさと演歌歌手の島幸二さんによるリサイタルで、演歌歌手ならではの美声を聞かせていただき、
12月7日に奥畑神楽の皆様による舞いを楽しんでいただき、
年末には恒例のクリスマス会、
忘年会で大笑いしていただく、という目まぐるしくも、充実した内容で過ごしていただけたかと思います。
今年も地域の方々のご協力を得ながら、楽しく過ごして参りたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
通所リハビリテーション 佐藤
 

豊後大野市のサイクルイベント・第1回!!

2019-11-05
福島病院自転車部です。
先日11月3日(日)、豊後大野市大野町・朝地町において「サイクリングスタンプラリーin豊後大野」が開催されました。
 
(県体の)豊後大野市自転車競技連盟も協力することになりまして(←私メタボ相談員Sが事務局している関係で)、福島病院自転車部としても協力させていただく形となりました。
福島病院院長先生のご許可をいただき、救護車(+救急箱)+簡易自転車修理道具車を準備。
さぁ、大野町の道の駅そば、サイクルハブへ向かいます。
 
朝9時開催(8時から受付)ですけれど、皆さん朝早いです。7時すぎにはもう会場に来ている参加者の方々が!!
(70名ほど参加申込ありました)
余談。6月の県体記事でも書きましたけれど、私S、今年厄年でもないはずなのに、県体で選手宣誓やらされたりとか変な役どころをすることが多く、このサイクルイベントでも、来賓の玉田輝義 県議様自転車競技連盟会長でもあります)の来賓挨拶代役(代読)をさせていただくこととなりました。緊張しましたわ(笑)
 
9時半より実走開始です。
私S(救護車)は最後尾についてゆっくりと走ります。なにげに最初から結構な坂があるので皆さん鍛えられます
沈堕の滝→朝倉文夫記念公園→県民の森(四辻峠)前・竹の里→しだわらダム、と巡っていきます。
前日などに運営の方達がかなり丁寧に路面のゴミ・石など撤去して下さっていたのでパンクなどの事故は全くなく。足が攣って転んだ方などは少しおられたようですが、救護が必要なレベルはなかったようです。
 
でも、四辻峠→しだわらダムに向けての道中で心疾患の方がおられ、私の他のもう一台の救護車(救急救命士の方がボランティアで参加して下さっていました)がたまたますぐ近くにおり、AEDを乗せていた運営の車も比較的近くにおり、初期対応ができたようです。(心肺停止状態であったため、即時に豊後大野市民病院へ救急搬送されました。病死とのこと診断をいただいています。ご冥福をお祈りいたします)
 
福島病院でも定期的に職員向け院内研修会などでAED使用や心臓マッサージの講習を行いますが、このようにアクシデントはいつ起こるか予測不能です。今まで以上にまじめにやっていかないといけないと思いました。
 
走行距離は全体で44kmほどなので、ゆったり走っても2時までには終了できます。
そのあとくじ引き抽選会を行い、イベント終了、解散となりました。
(特賞は豊後牛セット!!)
大野まちづくり協議会あさじば(朝地町のまちづくり有志団体)、大野ブランディング豊後大野市食推協豊後大野市職員豊後大野市自転車競技連盟、そしてボランティアの皆さん、数多くの人(58名)の協力と連携によってイベントを開催・終了させることができました。皆さんお疲れ様でした。
 
参加した方達からも「予想していたより坂がきつかった。でも、ぜひ来年(2回目)も~」と嬉しい感想をいただいています。参加選手の皆さんもお疲れ様でした。
 
(文:福島病院自転車部S)

下関・門司・別府周遊職員旅行

2019-10-29

今年の職員旅行は今までの旅行と違い「時間に追われず、ゆったり楽しむ慰安旅行」を考慮し、
1)下関~門司~別府でゆったり1泊
2)鹿児島旅行で豪華に(今までと似たスタイルですね)1泊
3)日田と別府でのんびり日帰り
の3本立てで職員旅行を提案いたしました。
先日、1)の

 

下関行き旅行が開催されました

 

10/26(土)・27(日)の2日間でゆったりと楽しんできます。

(画像は製造元の藤光海風堂さまHPより引用)
まずは一路関門海峡へ。和布刈のSAでひと休憩。この辺でしか扱っていないと思われる「ムーミンかまぼこ」が全種類揃っており衝動買いしかけましたが、金銭的に諦めました(笑)
(風は強くとも盛況なフリマ)
さて山口・下関に到着。到着直後に食べた「小野茶アイスクリーム」がかなり美味しかったですね。
皆さんが唐戸市場などで海産物や土産を購入している間、私はカラトピア(マルショクを初めとした本来の商店街+住宅)に立ちより、地元の食材を購入。地元食材は地元のお店で♪
下関でおいしい瓦そばを食べて今度は門司へ。門司は歴史有る建物などを眺めるのも楽しいですが、
 
この日はフリーマーケットが行われており、早速行きました。門司は焼きカレーが有名らしいですけれど目もくれず、インド料理店があったのでサモサ(カレー味のコロッケみたいなもの)を購入。そしてロシア雑貨専門店がマーケットに出店していたので
 
ロシアと言えば、と下写真の「大統領グッズ」を購入。かわいい紅茶パックも買いました。
ホントはバスに自転車積んで門司~和布刈神社あたりまで走りたかったですが、バス内で飲酒していますので自重歩いて西の端、関門海峡ミュージアム(海峡ドラマシップ)へ。結構歩きます。
プーチンバッグ
プーチンカレンダー
(←総務藤井様より「門司に行ってコレを見ないでどうするの!?」と忠告?を受けたバナナマンもちゃんと見てきました)
はじめてこのミュージアムに来たのですが、思っていた以上に面白かったですね。ミュージアム内に大正~昭和初期?の町並みを再現。なぜか「バナナ売り」が非常に濃く詳しく解説されており、さらにアイドル化計画まで(笑)。時間の関係で無料スペースしか回れませんでしたが(確か3Fから上が有料?)、それでも気合いの入ったプレゼンテーションにやられました。また見に来たいですね♪
さて別府へ。
別府でも非常に新しいホテル、
 
へ。食事と休憩には非常に良いところを選んでいただきました。

写真は撮れませんでしたが、8階からの大展望露天風呂は圧巻です
食事も美味しい食事(しゃぶ鍋付きメニュー)+ビュッフェと豪華で、いつもは小食のあの人も食の細いあの人も食べる食べる。18時半からの食事でしたが、オーダーストップの時間まで皆さん結構残って食事歓談を楽しんでいました。
旅行当初は夜の別府のどの店に行くか?とか話していましたが、大満腹のボリュームで(多分)だれも夜の街へ外出はしなかったようです(ラグビーW杯の準決勝もありましたしね)。

(海地獄の奥の神社にはじめて行ってみました。知っているつもりの所でも結構新発見がありますね)
さて2日目。朝もビュッフェでした。
昨日の夕食が多かったから食べれないか?と思いましたが、美味しいので皆さん結構食べていました。私も調子こいてりゅうきゅう丼を作ったりしましたけれど、それが後々おなかに響きます(後述)。
2日目は激しい移動はせず、別府内で血の池地獄、海地獄を見てのんびりします。
昼食は、おしとやかにオシャレに、料亭森澤に。
 
美味しそうというか実際凄く美味しかったのですけれど、、皆さん朝のビュッフェで食べ過ぎたツケがここで炸裂
別府地獄でかなり歩いてカロリー消費したつもりでしたが全く足りません。ちょっと昼食を残してしまう人がちらほら(笑)
豆の塩麹焼きとかむちゃくちゃ美味しかったんですけれど、もたれる。おなかが重い。
でも大満足でした♪(←私は完食しましたので)
 
そして、ちょっと早めに福島病院帰着。明日からすぐに仕事の方も多いと思われるので早めの帰着で家でゆったりと時間を過ごすのも良いかと思われます。

今回、いつもと少し違った感じの職員旅行でしたけれど食事・時間配分ともに良い感想を多くいただいており、提案して良かったなぁ~と私たちレク係(薬室・外来医事・相談室)も安心しています。
旅行に参加した皆さん、お疲れ様でした。

 

(文:ムーミンかまぼこの通販取り寄せを大まじめに考察中の相談員S)

ツールド佐伯 参加記

2019-10-29
福島病院自転車部(酒)好きHです。
先日10月13日(日)、ツールド佐伯に参加してきました。
 
超大型台風19号の影響が懸念されましたが、晴天に恵まれ、私は佐伯市一周(市合併前の1市5町3村をすべて巡る)の160kmコースでスタートしました。
画像は「田舎の歩き方https://inaka.arukikata.com/」より引用)
佐伯運動公園を起点に、まずは蒲江方面へ山越えです。途中のエイドで佐伯名物が振る舞われ(食べ過ぎると胃がパンパンになるかもと)ちょっといただき、タイムレースではないのでゆっくりと走ります。
山越えは追い風になったので少し楽ができました。しかし、蒲江か米水津への海岸線走行は向かい風というか自転車ごと持って行かれそうな突風も吹き安全第一~と念じながら走ります蒲江で菓子・うず巻きが振る舞われ美味しくいただきました。その先、絶景の「空の公園」までやっぱり逆風で思うように登れない感じでした。
頂上で魚寿司、パン、早生ミカン、ドリンクなど補給が十分にできました。
次は鶴見へ。強風で白波、道路まで越波が迫る状況で・・・やっぱり安全運転で行きましょう。
鶴見では、りゅうきゅう丼と、ごま出汁うどん干物などが振る舞われます。コーラが美味しい。ここで約60km。さぁあと100km!!
と、意気込みましたが、今年は鶴見~佐伯市内~上浦のあいだ殆ど向かい風です。番匠川沿いなど(楽なはずなのに)かなり鍛えられます。あぁ、剛脚N氏も参加しているはずなのでライン・ローテーションで走りたい~と思っていましたけれど、逆に?見知らぬ人から風よけに使われていました。
上浦バーガーポカリコーラを補給し、峠越えで弥生へ進みます。日差しが結構強く、おなかもグルメサイクリングで重くなっており結構時間制限ギリギリかも??と心配しながら走りました。
本匠のエイドで雪ん子寿司竹の子寿司と山の味覚を堪能。よし、あと45km!
バテてきましたが、宇目に向かって峠越えの途中、おばちゃん(エイドではない?)の冷因尾茶で生き返りました!
宇目のエイドでは唐揚げ唄げんか焼き(回転焼き)をいただき、直川方面へ。
残り30kmで日が傾いてきました。足はなぜか調子よくなってきました。直川では「飲む点滴」甘酒と、、限定カブトムシパンは美味しそうですけどおなかいっぱいでもう無理です。
残り10km。地図ではまっすぐな道ですが、微妙にアップダウンがあり体力削られます
そして162km。佐伯運動公園に戻ってきました。
今回は台風余波の強風に苦しめられ、ハンドルをいつも以上にしっかり握り(特に下りは)神経を使いました。

でも、美味しい名物も楽しめ、心地よい疲れを感じられた良いロードバイクライドを楽しめました。

(文:運動不足気味の、坂(酒)好きH)

自立支援医療指定病院
医療法人新生福島病院
〒879-7131
大分県豊後大野市三重町市場231番地

●ご予約・お問い合わせ
TEL.0974-22-3321
FAX.0974-22-7440
診療時間
月~土 午前9:00~午後12:00
午後2:00~午後6:00
(土は午後休診)
休 診 土(午後)・日・祝
TOPへ戻る