本文へ移動

福島病院活動報告

RSS(別ウィンドウで開きます) 

お薬の勉強会を行いました

2020-03-06
令和22月27日 三重町内の施設・光明寮障碍者デイサービスにおいて、「お薬の飲み方(使い方)勉強会」が行われ、福島病院の薬剤師・上野先生に講演をしていただきました。
急な依頼にもかかわらず、上野先生も快く応じていただきました。
 
当日はデイの利用者と家族、職員も一緒になって話を聞きます。
みな真剣に話を聞いてくれており、講演後の質問では予定時間を超えて内服の飲み方・管理や体調の相談があり、中身の濃い勉強会になったと思います。
 
(文:福島病院広報委員会 佐保)

宮崎グルメライド 2回目参戦

2020-02-25
福島病院自転車部です。
令和2216日 宮崎グルメライド2回目の参戦です。
畜産業の盛んな児湯郡・川南町へ向かいます。朝6時到着。

天気予報は(午前は100!!)、小雨ですが降っています。受付が終わった選手たちはテントや役場の軒下で雨宿りしています(でも運営さん、強気の決行宣言!!

今年は児湯郡内のみだったコースに西都市までの道も追加され、走りごたえのあるコースになっているようです

福島病院自転車部からは、A会長剛脚N、私・坂好きHが「剛脚120㎞コース」、クールSiメタボS2人が「健脚75㎞コース」に参加申し込み、S氏は雨事故が嫌と休み4で走りました。

雨ライドは初体験です。

悪路運航、泥ハネ、視界不良、、、と注意を要して結構疲労が増します。

さらに雨のためブレーキの利きが悪く危険度UPです! ブレーキテストをしながら、昨年も攻略した激坂・都農のワイナリーに向かいます。もともと激坂ですけど雨で昨年よりもキツイ坂と化しています!

山頂?の第1休憩所到着。ワイナリーなのにやはり試飲はありませんでした(誤:坂好きH→正:酒好きH

雨の下り坂を冷や冷やブレーキングでクリアし、次は海岸線をN氏の先導で2人ラインを組んだりして第2エイド高鍋(ギョーザパン・ギョーザスープ美味しかったです)へ。昼からは雨も止み、多少の登り下りを進み、第3エイドの梅園で鳥飯を食べます。

新田原基地そばをA氏先行・二番手に私H・三番手N氏で、、念願のライン走行(トレイン)実現!!

そして西都原古墳近くの第4エイド(ハンバーガー、ミニトマト、キンカンも美味しかったです)へ。やはり白霧島は出ませんでした。残念。(←自転車でも飲酒運転はダメゼッタイ(笑))

ここからはまた児湯郡(木城)に進みます。道のきつさではなく風の強さに悩まされました。

(下りも怖い斜度14%坂!!)

昨年ケーキとコーヒーのあった地区近くを通りますが、今年はエイドがなく、先の峠に移っていました。前は台風被害でコースが変更されてこの辺りは楽だったけど、昨年よりさらに峠の奥に入り、最後に斜度14%の強烈な激坂が来ました!!! 体力・精神的にダメです。押しました

峠の上の最後のエイド(ケーキ、バウムクーヘン、コーヒー)で補給・回復し残り20㎞を走ります。

3時半ころに剛脚コース3人組ゴール。強風の中、ふるまいの豚トマト鍋、フランクフルトを味わい、帰路につきました。

最近の「飲みすぎ食べ過ぎ太りすぎ」を実感したライドでした。鍛錬不足です。なお、グルメライドなので120㎞も走ってるのに体重は増えていました(笑)

(文:雨で汚れた自転車の清掃が大変で凹んだ坂好きH

気を引き締めて交通安全

2020-02-24
2月20日、 交通安全週間の一環として、早朝より、三重トキハインダストリー前のロータリー交差点において、街頭の交通安全呼びかけ活動を行いました。三重町内のいろんな業種・事業所で持ち回りをしており、年に2~3回順番が回ってくるものではありますが、これで事故の予防・交通安全意識の向上が図れるのならばよい行動と思います。
警察の方も他事業所の方も立ち会い、挨拶の声かけ通安全の旗などの提示も行います。
今日も明日も皆さん、安全運転を心がけましょう
(文:福島病院広報委員会 佐保)

令和元年11~12月通リハだより

2020-02-06
11月12日にはふるさと演歌歌手の島幸二さんによるリサイタルで、演歌歌手ならではの美声を聞かせていただき、
12月7日に奥畑神楽の皆様による舞いを楽しんでいただき、
年末には恒例のクリスマス会、
忘年会で大笑いしていただく、という目まぐるしくも、充実した内容で過ごしていただけたかと思います。
今年も地域の方々のご協力を得ながら、楽しく過ごして参りたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
通所リハビリテーション 佐藤
 

豊後大野市のサイクルイベント・第1回!!

2019-11-05
福島病院自転車部です。
先日11月3日(日)、豊後大野市大野町・朝地町において「サイクリングスタンプラリーin豊後大野」が開催されました。
 
(県体の)豊後大野市自転車競技連盟も協力することになりまして(←私メタボ相談員Sが事務局している関係で)、福島病院自転車部としても協力させていただく形となりました。
福島病院院長先生のご許可をいただき、救護車(+救急箱)+簡易自転車修理道具車を準備。
さぁ、大野町の道の駅そば、サイクルハブへ向かいます。
 
朝9時開催(8時から受付)ですけれど、皆さん朝早いです。7時すぎにはもう会場に来ている参加者の方々が!!
(70名ほど参加申込ありました)
余談。6月の県体記事でも書きましたけれど、私S、今年厄年でもないはずなのに、県体で選手宣誓やらされたりとか変な役どころをすることが多く、このサイクルイベントでも、来賓の玉田輝義 県議様自転車競技連盟会長でもあります)の来賓挨拶代役(代読)をさせていただくこととなりました。緊張しましたわ(笑)
 
9時半より実走開始です。
私S(救護車)は最後尾についてゆっくりと走ります。なにげに最初から結構な坂があるので皆さん鍛えられます
沈堕の滝→朝倉文夫記念公園→県民の森(四辻峠)前・竹の里→しだわらダム、と巡っていきます。
前日などに運営の方達がかなり丁寧に路面のゴミ・石など撤去して下さっていたのでパンクなどの事故は全くなく。足が攣って転んだ方などは少しおられたようですが、救護が必要なレベルはなかったようです。
 
でも、四辻峠→しだわらダムに向けての道中で心疾患の方がおられ、私の他のもう一台の救護車(救急救命士の方がボランティアで参加して下さっていました)がたまたますぐ近くにおり、AEDを乗せていた運営の車も比較的近くにおり、初期対応ができたようです。(心肺停止状態であったため、即時に豊後大野市民病院へ救急搬送されました。病死とのこと診断をいただいています。ご冥福をお祈りいたします)
 
福島病院でも定期的に職員向け院内研修会などでAED使用や心臓マッサージの講習を行いますが、このようにアクシデントはいつ起こるか予測不能です。今まで以上にまじめにやっていかないといけないと思いました。
 
走行距離は全体で44kmほどなので、ゆったり走っても2時までには終了できます。
そのあとくじ引き抽選会を行い、イベント終了、解散となりました。
(特賞は豊後牛セット!!)
大野まちづくり協議会あさじば(朝地町のまちづくり有志団体)、大野ブランディング豊後大野市食推協豊後大野市職員豊後大野市自転車競技連盟、そしてボランティアの皆さん、数多くの人(58名)の協力と連携によってイベントを開催・終了させることができました。皆さんお疲れ様でした。
 
参加した方達からも「予想していたより坂がきつかった。でも、ぜひ来年(2回目)も~」と嬉しい感想をいただいています。参加選手の皆さんもお疲れ様でした。
 
(文:福島病院自転車部S)
自立支援医療指定病院
医療法人新生福島病院
〒879-7131
大分県豊後大野市三重町市場231番地

●ご予約・お問い合わせ
TEL.0974-22-3321
FAX.0974-22-7440
診療時間
月~土 午前9:00~午後12:00
午後2:00~午後6:00
(土は午後休診)
休 診 土(午後)・日・祝
TOPへ戻る